トラディショナル
TRADITIONAL

くずはゴルフ場開場
History

くずはゴルフ場は、誰でも気軽に楽しめるパブリックコースとして、昭和32年9月1日に開場し、開場記念式典では、当時の大阪府知事 赤間 文三氏による始球式が行われました。昭和32年当時の全国のゴルフ場は120に満たず、パブリックコースにいたっては、全国でも10か所未満であったことから、ゴルフ関係者の注目を集めました。

水との戦い
History

開業当初は、淀川の増水との戦いが続き、開場から5年間で、コース冠水による休業日数が172日間におよび、造成したばかりのティグランドやグリーンの修繕が何度も繰り返されました。その後、ダムの建設や河川整備が進んだことによりコース冠水の被害は減少し、ゴルフ場の運営が軌道に乗り始めました。

プロトーナメントの開催
History

ゴルフのさらなる普及を目指し、「見せる競技」を提供するため、昭和40年9月に関西のプロゴルファーを招聘した競技大会を開催しました。
最初は 参加者数5名という小さな大会からスタートしましたが、年々スケールが大きくなり、第8回大会からは「くずは国際トーナメント」と名称を改め、海外のプロも参加する大会になりました。往年の青木功、尾崎3兄弟、中島常幸、杉原輝雄、グレッグ・ノーマンらが、ここ「くずは」の地で熾烈な戦いを繰り広げました。平成2年まで計26回開催され、惜しまれながらも幕を閉じました。


開催日 競技概要 賞金総額 参加者数 優勝者(スコア) 準優勝者 備考
昭和40年9月1日 6,110ヤード PAR72 18HS 25万円 5人 杉原 輝雄(65)
戸田 藤一郎(65)
   
昭和41年8月25日 6,140ヤード PAR72 18HS 25万円 5人 橘田 規(65) 宮本 省三(67)  
昭和42年5月27日 6,160ヤード PAR72 36HS 105万円 12人 杉原 輝雄(68・68) 杉本 英世(71・65) プレーオフ
昭和43年6月8日 6,170ヤード PAR70 36HS 100万円 9人 宮本 省三(63・71) 新井 進(69・67)  
昭和44年6月7日 6,170ヤード PAR70 36HS 150万円 12人 橘田 規(72・64) 中村 寅吉(70・70)  
昭和45年6月20日 6,625ヤード PAR73 36HS 150万円 12人 杉本 英世(71・74) 島田 幸作(74・73)  
昭和46年5月23日 6,570ヤード PAR71 36HS 270万円 22人 G.ウォルス テンフォルム(71・68) 金本 昭男(71・69)  
昭和47年5月7日 6,590ヤード PAR71 27HS 450万円 24人 呂 良煥(71・36) W.ゴドフリー(69・38) プレーオフ
昭和48年5月6日 5,985ヤード PAR70 27HS 600万円 24人 韓 長相(67・35) G.マーシュ(68・34) プレーオフ
昭和49年5月5日~6日 6,090ヤード PAR70 36HS 1,000万円 30人 鷹巣 南雄(65・66) 尾崎 将司 (68・66)  
昭和50年4月12日~13日 6,120ヤード PAR70 36HS 1,000万円 39人 鈴木 規夫(62・71) T.ボール(66・68)  
昭和51年4月17日~18日 5,649ヤード PAR70 36HS 1,000万円 39人 小林 富士夫(68・65) 陳 健忠(69・65)  
昭和52年4月16日~17日 5,649ヤード PAR70 36HS 1,000万円 39人 G.ノーマン(69・66) 新井 規矩雄(71・66)  
昭和53年4月15日~16日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,000万円 36人 矢部 昭(65・70) 横島 由一(67・69)  
昭和54年4月14日~15日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,200万円 59人 謝 敏男(68・66) 小林 富士夫(72・64)  
昭和55年4月12日~13日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,200万円 44人 横島 由一(64・70) 入江 勉(68・68)  
昭和56年4月18日~19日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,500万円 53人 島田 幸作(68・65) 呂 良煥(65・70)  
昭和57年4月3日~4日 5,704ヤード PAR70 27HS 1,500万円 52人 鷹巣 南雄(35・67) 横島 由一(38・65)  
昭和58年4月2日~3日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,500万円 54人 新井 規矩雄(69・69) 杉原 輝雄(72・66)  
昭和59年3月31日~4月1日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,500万円 54人 鈴木 規夫(66・67) W.グラディ(69・65)  
昭和60年4月6日~7日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,500万円 53人 入江 勉(59・70) D.イシイ(63・69)  
昭和61年4月5日~6日 5,704ヤード PAR70 36HS 1,800万円 54人 山本 善隆(65・72) 金井 清一(68・69) プレーオフ
昭和62年4月4日~5日 6,238ヤード PAR70 36HS 1,800万円 53人 高橋 勝成(65・66) B.ジョーンズ(69・63)  
昭和63年4月2日~3日 6,238ヤード PAR70 36HS 1,800万円 53人 W.スミス(65・66) C.パリー(64・69)  
平成元年4月1日~2日 6,238ヤード PAR70 36HS 2,000万円 60人 中村 通(68・65) 東  聡(67・67)  
平成2年3月31日~4月1日 6,238ヤード PAR70 36HS 2,000万円 60人 新関 善美(69・63) 中村 忠夫(68・65)  

開場60周年を目前に
History

くずはゴルフ場は、平成29年9月に、開場60周年を迎えます。これまでの間、非常に多くのみなさまにプレーしていただき、特にゴルフビギナーの筆おろしの場として、ご愛顧いただきました。これからも、駅近で、河川敷のパブリックコースの特色を生かした「誰でも気軽に楽しめるゴルフ場」であり続けます。

ページトップへ